着物を上手に畳んで上手に保管

着物をきちんとたたむことができれば、次に着る機会に美しい状態ですぐに着ることができますので、上手なたたみ方を覚えておくと便利です。 着物のたたみ方のポイントは、縫い目でたたむことと、持ち運ぶときは仕方がないとしても、そうでない場合は、袖より小さくたたまないことです。縫い目を正しく折って、角を合わせるのが美しいたたみ方のコツです。襟元は、とくに慎重に整えることが大事です。タンスやしまう収納のサイズに合わせて、なるべく余裕を持たせてたたむようにします。帯は、特に前に出る柄の部分に気をつけて、折り目が付かないようにします。 詳しく説明すると、まず衿が左になるように着物を広げて、右わき縫いにそって折っていき、おくみを縫い目から手前に折り返して、衿肩の部分を内に折っていきます。そして、衿先と裾を持っておくみに重ね合わせ、衿と衿先、衿下を重ねて合わせます。それから脇縫いに合わせて背縫いに沿って袖と折り身頃を重ね、上側にある袖を身頃に重ねて、丈を半分に折り、折り返した袖に重ねます。最後に、衿、右袖山、裾が重なった部分を持って裏返し、袖を身頃に重ね合わせます。